2009年12月31日

イルミ


きょうも

あしたも

あさっても

君が 笑顔で ありますように

君が 笑顔で あれますように


posted by はづき at 17:15| 熊本 ☀| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

密やかに

白水仙 2009


たとえ 

気がついてくれなくても

その思いは

変わることはないんだよ
posted by はづき at 18:56| 熊本 ☀| 庭の花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

臆病

白木蓮の蕾


この想い 

言葉にだせば なおさらに

深まることを 知る ふたりゆえ

言ってはならぬ 聞いてはならぬ
posted by はづき at 23:00| 熊本 ☁| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

希望

青々と


やすらかに 

眠るあなたの その胸に

重なる 両の手のひらの

隙間にもぐる 

ティンカーベルになりたくて
posted by はづき at 16:26| 熊本 ☁| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

エノコログサ 2009


優しき手 

髪撫でられて 眠る夜は

夢の中でも 会えるね あなた
posted by はづき at 16:24| 熊本 ☁| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

逢う

楓


出会いとは

偶然と奇跡の上に成り立ちて


二人の思い 重なる未来(あした)


いつしか それは必然となる
posted by はづき at 18:38| 熊本 ☁| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

埋める

ゆきやなぎの紅葉



愛という 

その二文字の 言霊が

速さの違う 時計もち 

歩くふたりを 埋めるもの
posted by はづき at 23:00| 熊本 ☁| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

愛する

こもれび

背中見せ 大股歩きで 去りゆく君は

想いのすべてを 木の下闇に おきざりにして

愛の深さを 我に教える
posted by はづき at 23:59| 熊本 ☁| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

こころ

夕焼けの海.


こんなにも  時が過ぎてしまっても

会いたくなったら  ほら そこにある

私のこころに 焼きついた

大好きだった 笑顔のあなた
posted by はづき at 23:00| 熊本 ☔| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

他愛

秋雲

とるに足らない 出来事も

君がいたから 嬉しくなった

君がいたから 楽しかった

君がいたから 悲しくなって

君がいたから 切なくなった

君がいないと すべてが色褪せてみえるんだね…
posted by はづき at 23:00| 熊本 ☔| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

唯一

コスモス 乙女の純情



想い出をたどると 

何故かそこにある

君の匂い 君の仕草 君の口癖

忘れられない  何一つとして
posted by はづき at 23:00| 熊本 ☔| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

抱擁

峠からの夕焼け.


火の玉を 

落とさぬように そっともつ

その君の手の 

線香花火に なりたくて


posted by はづき at 23:00| 熊本 ☔| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

距離

月まち

欲しいものは ただ ひとつ

たった一言 それだけなのに

気づかないまま 時だけが過ぎ

いつか ゆっくり 離れゆく 心
posted by はづき at 21:30| 熊本 ☔| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

忘却

かけら


何を どう 捉えても 

すべてがそこへと 

繋がっていく

想い出なんて なければいいのに
posted by はづき at 19:58| 熊本 ☔| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

待つ日

秋桜 2009(乙女の純情)



誰のそばにいても

なかなか ときめいたりはしないのに

あなたが来ると おもわず あがってしまう

なんとなく 足が地に付かなく

席を立てなくなってしまう

一歩踏み出したら

まるで 宙を歩いているようで

躓いてしまいそうだから・・・・



こんな気持ちは ずっとずっと 忘れていた

とおい昔 はじめて好きになった かの人に

すこし…似ている



待つことは いつも上手

本を読みながら

何時間でも座っていられる

それでも耳は ドアの開く音に集中している

けれど 決して 振り向いたりはしないの

あの人は まるで偶然のような顔をして

”こんばんわ” と言って

”ここ、いいですか?”と聞いて

そうして、そっと 私の目の前に座るのだから…

いつか あなたを 待てなくなる日が来る

 その日まで 私はいつも こうしてときめいている
 
posted by はづき at 20:54| 熊本 ☀| あんず記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

境界

夕景


あの日 君がひいたのは

どんな境界線だったのだろう

そこから 入ってくるなと 

そう言われても

飛び越えずには いられなかった

だけど

きっと 最初から わかっていて

君は そんなことを 言ったんだよね

そうして 飛び越えたのは

君のほうが先だったね
posted by はづき at 20:25| 熊本 | 夕焼け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。