2010年12月04日

記憶

金木犀(変わらぬ魅力)



あの日の君を 覚えておこう

「またね」と そう言って別れた あの日

改札口の向こう側で

ちょっと泣きそうな顔をしたけれど

笑顔で手を振ってくれた君に 手を振りかえして

そのまま 二度と振返ることができなかったのは

涙がこぼれてしまったから



あの日の君を 覚えておくね

大好きな 君の笑顔を まぶたの奥に焼きつけて


posted by はづき at 21:39| 熊本 | 庭の花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。